今月のネクタイ

 

 

 

 

今月のネクタイは久しぶりの昔話シリーズ

「おむすびころりん」です♪

 



 

 

【物語のあらすじ】

 

むかしむかし、

きこりのおじいさんがお昼の休憩に

少ないお米でおばあさんが作ってくれた

おむすびをたべようときりかぶに腰掛けました。

包みをあけ、いただきますと手を合わせたとたん、

おむすびがひとつ、地面に落ちてしまいました。


 

 

そのおむすびはそのまま

ころころ、ころころ坂を下っていきます。

 

大事なおむすびが・・・と、

おじいさんは追いかけましたが、

先に空いていた穴におむすび

落っこちてしまいました。

 

せっかくのおむすびが穴に落ちてしまった・・・と

穴を覗いてみると何やら声が聞こえてきました 

 

おむすびころりん、ころころコロリン

おむすびころりん おいしいな


 

 

おじいさんは不思議に思い、

もう1つのおむすびも穴に落としてみました。


 

 

おむすびころりん もひとつころりん


 

 

正体が気になったおじいさんは思い切って穴の中に飛び込んでみました。

 

おむすびころりん おいしいおにぎり ありがとう

 

なんと穴の中ではたくさんのねずみが、おじいさんが落としてしまったおむすび

おいしそうに食べていました。

 



おじいさん おむすびのお礼に私たちの踊りを見ていってください

 

おじいさんはねずみたちに歓迎され、ご馳走もいただきました。

 

おじいさん 宴は終わりですがお土産を用意しました

小さな葛籠と大きな葛籠、好きなほうを選んでください

 

 

おじいさんは自分の体が小さいので、小さな葛籠を選びました。

楽しい時間も終わり、おじいさんは小さな葛籠とともにおばあさんの待つ家に帰りました。

 

今日の不思議な出来事をおばあさんへ話し、

一緒に小さな葛籠をあけてみました。

その中には・・・

なんと、たくさんの小判と宝物が入っていました。

貧しかったおじいさんとおばあさんはたくさんの宝物を手に入れましたが、

贅沢はせず、幸せに暮らしました。

おしまい♪

 

 

 

おむすびころりんはいかがでしたか?

 

大事なおむすびを楽しそうな声のする穴へ落としてみたり、

お礼の宝物は自分の体に見合った小さいものを選んだり、
おじいさんの素敵な人柄が出ていますね♪

そろそろ、暖かくなってきたのでみなさんも

おむすびをもってピクニックにでかけてはいかがでしょうか?

その際にはおむすびころりんにはご注意を!